読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

中山大障害の展望

 いよいよ有馬記念ウィークに入りましたが、今週末は23日〜25日の3日開催。有馬記念を予想したい逸る気持ちを抑えつつ、今日は中山大障害を展望してみたいと思います。

 

 ……と言いつつも、じつは大本命にしようとしていた馬が、引退してしまったんですよねえ。

 サナシオン

 秋陽ジャンプの勝ち方がそれはそれは素晴らしかったので、少なくとも3着は外さないだろうと思っていました。

 残念ではありますが、サナシオン、これまでお疲れ様でした。

 

 加えて相手に考えていたニホンピロバロンまでもが故障で休養。

 こうなると、様相はガラリと変わってきます。

 

 大方の予想では、春の中山GJから東京ジャンプS、東京HJと目下3連勝中のオジュウチョウサンと、昨年の中山大障害に勝ったアップトゥデイトの一騎打ちになる……といったところでしょうか。

 私も今のところ大方、同じ見方をしています。サナシオンとニホンピロバロンが抜けたことで、オジュウチョウサンアップトゥデイトには逆らえそうにない。

 

 障害レースにはあまり詳しくない私でも、上記4頭の脚質を見てみれば、逃げ・先行が圧倒的に有利なことは見て取れます。逆に、上記4頭でも、後ろから追い込む形になると凡走して負けている。

 障害レースがいかに逃げ先行有利のタフなレースであるかが分かります。

 

 同じ脚質で伏兵となりそうなのは、京都ジャンプで逃げてニホンピロバロンに0.7秒差で勝っているドリームセーリング。9歳という馬齢が気になるところではありますが……。

 

 そして、東京HJで逃げたもののオジュウチョウサンにわずか0.2秒及ばず2着に敗れたマキオボーラー。

 

 秋陽ジャンプで後ろから追い込んで2着とはいえ、サナシオンに3馬身差という結果が引っかかるルペールノエルは、枠順次第。内枠から先行策を取ってきそうなら、考慮に入れるかもしれません。5走前には先行して、サナシオンに0.3秒差まで迫る2着という実力は持っているはずです。

 

 いずれにせよ、中山大障害は前から行く馬を積極的に狙っていきたいと思います。