読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

きさらぎ賞 三連複一本勝負


2017年2月5日(日)京都11R
サラ系3歳オープン 別定
芝右1,800m 8頭 15:35発走

【予想】

◎ 5 プラチナヴォイス
○ 4 ダンビュライト
▲ 6 エスピリトゥオーゾ
☆ 3 タガノアシュラ


【買い目】

三連複 4-5-6 100円


 サトノアーサーの倒し方。
 この一週間、暇さえあればそのことばかり考えて続けてきました。
 圧倒的一番人気の馬が出てくると、穴党の私としては、その倒し方を考えずにいられません。
 前走、1,000mまでハロン13秒台を3回も刻む超スローペースから32.7秒の上がりで3馬身差の完勝。
 これほど倒しがいのある強敵もなかなかいません。

 昨年のスプリンターズSビッグアーサーが馬券外に沈んだ結果、2-3-9番人気でも三連複4万馬券という異常な高配当。
 それを100円一点買いで当ててからというもの、いわゆる
「一本かぶり」
 のレースは、私にとって格好の狙い目のレースとなりました。

 基本的に一本かぶりになればなるほど、どれだけ能力の高い馬だとしても、過剰人気は避けられません。
 その強さは十二分に認めても、馬券を買うには値しない馬になってしまうのです。
 逆に、2番人気以降の馬券が不当に低評価となりますので、期待値に従って網を張るには価値のある馬券となる。
 単勝に何十万、何百万円も突っ込める大金持ちならいざ知らず、とりわけ私のように少額出資を信条とする者にとっては、一本かぶりの馬は高配当を作り出すための体のいい広告塔、集金係となるのです。

 昨年のスプリンターズSにおけるビッグアーサーと同様、サトノアーサーが1枠1番に入ったとき、サトノアーサーを切る決心が固まりました。
 後ろから行く馬ですので、圧倒的人気でマークがきつくなるあまり外から被されて前が壁となり、先行馬が残る展開を期待します。

 そしてあとは「運を天に任せる」のみです。
 というのも、馬場が稍重だった新馬戦では反応がいま一つで、1着とはいえスズカフロンティアとハナ差もつかない同着。
 そのスズカフロンティアが萩S(7着)、ベゴニア賞(10着)と凡走していますので、さしものサトノアーサーでも道悪適性には疑問符がつきます。
 奇しくも5日の京都は雨の予報。
 文字通り「天」の配剤が勝敗を分けるかもしれません。

 加えて、人の不幸を喜んではいけないものですが、1月8日の落馬重傷から復帰する川田騎手にもやはり不安がないとはいえません。
「もっと時間がかかると思っていた」
 と自ら述懐する復帰を無理してでも早めたのは、サトノアーサーに対する並々ならぬ期待の表れとも取れます。
 ただ、単勝1倍台というガチガチのオッズに賭けるのならば、鞍上にも万全の状態でいてほしいものです。

 さて、サトノアーサーを馬券から外す決心がついたところで、本命探し。
 1番人気が抜けている場合、人気馬を絡めても充分な配当を見込めますので、ここは期待値の高さから素直に◎プラチナヴォイス、○ダンビュライトが決まります。

 そして配当に弾みをつける穴馬には、▲エスピリトゥオーゾを挙げます。
 先行した場合に(0-2-1-1)なので前残りが期待できますし、差しでも1勝を挙げている、自在性の見込める脚質。
 おまけに前走は稍重で1着、3走前に重馬場で2着(いずれも舞台は京都2,000m)と、道悪に強そうなのも魅力です。

 ☆タガノアシュラほど課題がはっきりしている馬も、なかなかいないかもしれません。
 逃げ先行して2戦2勝、後ろに控えて2戦とも着外。
 いずれも少頭数で勝っていることを考えれば、今回の頭数で取るべき戦法は明らかです。
 サトノアーサーが負ける前残りの展開を期待するならば、是非とも入れておきたい馬です。
 しかしながら、成績にムラがあるのも事実。
 短期放牧明けの初戦、走る気になってくれるかどうかが未知数なので、1点買いで勝負するには(配当的にも)やや妙味が薄い印象です。
「三振かホームランか」
 という馬、個人的には大好きなんですけどね。

 

 

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]