読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

共同通信杯 三連複一本勝負

【予想】三連複一本勝負


2017年2月12日(日)東京11R
サラ系3歳オープン 別定
芝左1,800m 11頭 15:45発走

【予想】

◎ 4 ムーヴザワールド
○ 8 エトルディーニュ
▲ 10 アサギリジョー
☆ 9 チャロネグロ


【買い目】

三連複 4-8-9 100円(36番人気) ※当日10:00現在


 まずは人気馬から、素直に◎ムーヴザワールドを。
 東京スポーツ杯2歳Sこそ3着に甘んじたものの、1着ブレスジャーニーや2着スワーヴリチャードとはタイム差なし。
 外枠から素直に外を回ってきたスワーヴリチャードに対し、ムーヴザワールドは1枠1番から外に出すコースロスがあり、さらに他馬に寄られて進路が狭くなるような局面も見受けられました。
 その狭い間を割っての3着なので、まだ勝負はついていません。
 内の4枠4番に収まりましたが、新馬戦は先行して勝っており、前から行く力もありそうです。

 スワーヴリチャードは今回逆に、1枠1番から外に出しての差し残しが心配です。
 エアウィンザー武豊騎手が、
「相手に合わせてるのか、走りたくないのかは分からない」
 と漏らすように、弾ければ突出して強いものの、反応の悪さや抜け出てからの緩さが気になります。先日のサトノアーサーのようなタイプでしょうか。
 タイセイスターリーは、ルメール騎手がムーヴザワールドから乗り替えたのが気にはなるものの、1,800mという距離が不安。半兄にミッキーアイルがいる血統だけに、短距離のほうで狙ってみたい馬です。

 単勝では人気薄ですが、○エトルディーニュはむしろ◎を打ちたいくらいの堅実な馬です。
 デビュー8戦して(1-2-2-3)ではありますが、すべて5着以内には食い込んでおり、大崩れしないところがいかにも私好み。
 ソウルスターリングの3着(+0.5)、サトノアレスの2着(+0.2)、アウトライアーズの4着(+0.4)と、相手関係にも不足はありません。
 人気馬が後ろから控える形になれば、先行して前残りが期待できます。
 短期放牧明けの前回(2着)から中1週で叩き2走目、引き続き好調ならば軽視は禁物です。
 実際、複勝人気順ではタイセイスターリーに次ぐ5番人気を軸に推移しているようです。

 相手は▲アサギリジョー
 こちらも相手関係に不足がありません。3走前にマイネルスフェーンにハナ差で競り勝って1着(のちマイネルスフェーンはホープフルSで2着、京成杯で3着と好走)。
 2走前の葉牡丹賞では、4馬身ほどついた着差(+0.8)こそ気になりますが、のちにホープフルSを勝ったレイデオロの3着。上がり3ハロンは別格のレイデオロ(34.7秒)に次いでメンバー2位タイの35.3秒でした。
 このとき同じ上がり35.3秒で2着に入ったのがコマノインパルス。アサギリジョーは0.6秒差の遅れをとりましたが、続く前走京成杯では勝ったコマノインパルスに0.3秒差(5着)と縮めており、さらなる上積みに期待します。
 5着は前走だけで、4戦して(1-1-1-1)ですから、やはり掲示板を外さない堅実さも複勝向き。
 東京芝に限っては(1-1-0-0)と好相性です。

 ただもう1頭、注意しておかなければいけないのが☆チャロネグロ。
 ひと叩きされた前走、4コーナーから大外を回しながらも物凄い脚を使って差し切り勝ちしています。
 それでも鞍上の反応は、
「ハミもまともに取らないまま何で勝つの? って感じ」
 といいますから、底を見せていません。
 しかも勝ちタイムが、同じ中山2,000mで行なわれた京成杯コマノインパルスの2:02.8を約3馬身ぶんも上回る2:02.0。
 単勝5番人気に推されるのもむべなるかな、というところです。
 
 以上を踏まえて三連複の人気順を見てみると、

◎-○-▲ 4-8-10 27番人気 107倍
◎-○-☆ 4-8-9 36番人気 156倍  ※当日10:00現在

 と、単勝人気とは逆の結果に(複勝人気に倣った形に)。
 それでいて、東京競馬場での出現率は、今日のコラムで書いたようにそれほど変わらないと思われますので、1点100円で勝負するなら後者を選びます。
 石川騎手の100勝を応援したい気持ちもあるんですけどね。