読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

フラワーCの予想


※今週は既に200円賭けていますが、3日間開催なので100円多く勝負してみたいと思います。


2017年3月21日(月・祝)中山11R
サラ系3歳オープン 牝 別定
芝右1,800m 13頭 15:45発走


【予想】

◎ 1 ディーパワンサ
○ 3 モリトシラユリ
☆ 6 シーズララバイ


【買い目】

三連複 1-3-6 100円


 昨日のサトノダイヤモンドほどではないにせよ、ファンディーナが圧倒的な人気となっています。
 しかし、中山は基本的に外枠不利。
 8枠12番の逃げ・先行では、コースロスも心配です。
 2番人気デアレガーロも逃げ・先行馬。
 キャリア2戦で2連勝していますが、これはともにスローペースからの勝ちでした。
 昇級初戦となる今回は相手が強くなり、ミドルペースくらいで流れた場合、勝算は未知数です。

 そこで今回は、上位人気2頭が後続の目標にされて、2頭とも差される展開を予想したいと思います。

 そのためにまず、目標となるタイムを概算します。

 ファンディーナは中山1,800mの経験がなく、前走は京都同距離で1:50.6。
 新馬戦も京都で1:50.0でした。
 ちなみに、新馬戦の9馬身差の圧勝が、この馬にとっては幸か不幸か、過剰人気の一因になっていると思われます。
 世間はソウルスターリングを負かすことのできるライバルを求めているのかもしれません。

 デアレガーロは前走中山1,800mで1:49.8。
 それなりの好時計ですが、500万条件でのことですから、オープン重賞で戦ってきた馬が戦列に加われば話は別です。

 以上のことから、コーナー4つのタフで時計のかかるコース特性を考慮に入れて、1:50.0以内で差し届きそうな馬を探していきます。


 まず挙がるのが◎ディーパワンサです。
 2走前、デイリー杯2歳Sでスローペースから差してわずか0.1秒差の4着。
 上がり3ハロンはメンバー中最速の33.6秒でした。
 3走前の報知杯中京2歳Sもスローペースから差して1着。
 上がり3ハロンはやはり最速の34.2秒でした。
 展開に左右されない非凡な決め手を持っていることがわかります。

 前走はG1の大舞台、阪神JF
 今回と同じ1枠1番からミドルペースとなった展開で、1枠2番ソウルスターリングの後ろにつけて、これを目標に差そうとしました。
 結果は0.8秒差の4着、走破時計は1:34.8。
 勝った馬が強かったものの、内枠の位置取りを利して外に出さずに内を割れたのは好材料でした。
 このとき2着リスグラシューも、チューリップ賞3着。
 同3着レーヌミノルも、斜行しながら先週フィリーズレビュー2着に入りました。
 相手関係の強さを考えたら、悲観視する必要はありません。

 正直、1番人気でもおかしくないくらいに思っていましたので、やや人気が落ちた今回は狙い目でもあると思います。

 買い控えられる要因のひとつは、おそらく3ヶ月半の休み明けであることでしょうか。
 また、近3走は1,600mで、1,800mの経験がないことも不安要素かもしれません。
 ただ、2走前は2ハロン延長すれば勝てていたであろう競馬でした。
 3走前も大外を回ってコースロスあっての差しきり勝ち。
 基本的に私は距離延長は割り引くことが多いのですが、この馬に関しては例外です。
 距離延長をむしろ歓迎として、好走を期待しています。


 対抗は○モリトシラユリです。
 前走クイーンC、ミドルペースから追い込みますが届かず、アドマイヤミヤビに1.5秒差8着。
 ただし東京1,800mでタイム1:34.7(35.3は上がり2位)は、前述した阪神JFのディーパワンサより上でした。

 2走前のG3フェアリーSでは、ハイペースに恵まれたとはいえ、ライジングリーズンに0.2秒差の3着。
 マイルでしたが中山の適性を示しました。

 3走前の中山ダート1,800mでは先行して4馬身差勝ちも収めており、内枠に入った今回は、器用に先行できても可です。

 4走前の未勝利戦、東京1,800mではミドルペースから差して2着。
 稍重ながら走破時計は1:50.1で、上がり最速35.0秒を記録しています。
 関西馬のディーパワンサを得意の地元で迎え撃つ格好になり、2頭ともに内を突いて抜け出せば、逆転もあるのではと考えています。


 穴馬は☆シーズララバイ。
 新馬戦、中山マイルでスローペースから差して、ヒストリアに0.2秒差4着、上がり最速34.2秒。
 続く未勝利戦、東京1,800でもスローペースから差して、レッドローゼスに0.3秒差3着、上がり最速33.9秒。
 展開が向かなくても馬券圏内を狙える決め手を示しました。

 3走前は、稍重の東京2,000mでスローペースから先行して初勝利。

 2走前、今回と同舞台となる中山1,800m若竹賞では、スローペースから先行して0.7秒差の4着でしたが、時計は1:49.0でしたから悪くはありません。
 このとき差して勝ったウインブライトは、19日(日)にG2スプリングSを勝ちました。

 そして前走フリージア賞(東京2,000m)は、スローペースから追い込んで届かずも、0.4秒差の6着。着順ほどには負けていません。
 33.9秒の上がりもメンバー中2位でした。
 このとき勝ったトリコロールブルーは、スプリングSでも0.3秒差5着と健闘したばかり。
 強い牡馬相手に戦ってきた経験は、牝馬限定となる今回に活きてくれるはずです。

 距離延長組が13頭中8頭いる中、距離短縮も歓迎すべき材料です。
 しかもカク地馬のヴィーナスアローを除き、他馬はすべて乗り替わり。
 過去5戦とも手綱を取っている柴田善臣騎手なら、人気を覆す好走もしてくれるのではないかと期待しています。

 

 当ブログは、予想の更新と同時にメルマガ(無料)でも配信しています。

www.mag2.com