読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

朝日杯FS 三連複100円一本勝負

12/18(日) 阪神11R
サラ系2歳オープン
芝右1,600m 18頭 15:40発走 

 イチかバチかの末脚一閃。
 前残りを期待して敗れたターコイズステークスとは対照的に、若く未知数

の2歳G1・朝日杯フューチュリティステークスは、距離や枠順などの不安

材料はあれど、展開さえ向けば最後の直線で爆発的なダッシュを決める……

そんな賭けに出ようと思います。

 豊作の牝馬に比べて、小粒だといわれる今年の2歳牡馬。
 とはいえ長い歴史のなかでこのレースで牝馬が勝った例は少なく、
「今年こそは」
 と一頭の牝馬が一番人気に支持されています。

 その馬の名は、怪物フランケルの娘ミスエルテ。
牝馬による久々の快挙」のみならず、先週の阪神JFの勝ち馬ソウルスタ

ーリングに続いての「フランケル産駒2連覇」という夢も背負っています。
 日本人は、とかく、そういった「物語」に惹かれがちなところがあります


 案の定、オッズを見てみれば単勝2倍台の1番人気。
 穴党である私の場合、こういった人気はまず疑ってかかります。
「作られた人気」なのではないかと。
 そもそも今年の2歳牡馬が小粒だというのも、誰が言い出したことなのか


 まだまだ上積みで大化けする可能性を秘めた馬も、少なくないはずです。
 それに、牡馬と牝馬で力の差があるからこそ、1kgの斤量差があるといえ

る。
 下手をすればミスエルテが着外に沈む可能性も大いにあるぞと。

 じつは、今日のレースが終わるまではそう思っていました。
 しかし、検討を始めて調教の映像を見たら、考えがガラリと変わりました


 ミスエルテ、外せそうにありません。
 鞍上のゴーサインを聞くと一気に加速がかかり、終い1ハロン11.6でまと

めてくる素直さと脚力。
 しかも、有馬記念に出走するアドマイヤデウスに楽々と先着しているじゃ

ないですか。
 そうなると、斤量1kg減の恩恵も見逃せません。
 前走ファンタジーSと同様の末脚が爆発すれば、3着までには入ると思わ

れます。

 ということで、まず、

○ミスエルテ

 を挙げます。

 さて、一番人気の馬を買い目に加えるとすれば、残りは一発のある穴馬を

探さねばなりません。
 といいつつも、既に私の中で、軸となる1頭は決まっていました。

◎モンドキャンノ

 前走レーヌミノルを0.1秒差に抑えての1着。
 そのレーヌミノルが先週の阪神JFで3着となれば、モンドキャンノにも

勝機があるはず。
 調教で折り合い重点を意識しつつ、終い1ハロン11秒台でまとめてきた段

階で、人気が出なければ本命にしようと決めていたので、7番人気というの

はむしろ歓迎です。
 即、本命に決めました。

 レーヌミノルと同様、不安材料は距離延長。
 前走で1,400mは克服したものの、マイルは保つかどうか。
 陣営もその点は本音を隠しきれていません。

「今回は、その1600mという距離がこの馬にとって微妙で、心配です。京王杯

のように折り合って、スムーズな競馬ができれば終いの爆発力は持っている

と思います。何とかスムーズに競馬が流れてほしいです。
 セールスポイントは、すごく正直です。正直すぎます。ゴーサインを出し

た時にグーッと行きますし、抑えが利かないようなところがあります。この

馬自身が走る根性を持っているのでしょう。
 (普段は)運動でも大人しいですし、そういう面では手のかからない馬で

す。
 競馬を使うたびに逞しくなっています。それが目に見えるようです。
 今回は相手が強いのですが、この馬が1600mを克服してくれれば結果がつい

てくるのではないでしょうか。
 落ち着いて走ってほしいです。来年に向けてクラシックもあるのですが、

大きな檜舞台に上がって行ってほしいです」

(引用元 http://keiba.radionikkei.jp/keiba/fs_23.html

 陣営がここまで後ろ向きな発言をすると、普段の私なら切ってしまうので

すが……どうです、この文脈から溢れ出る陣営の期待と不安と、一発に懸け

るロマン。
 穴党の私が乗らずにいられようか。
 
 先週レーヌミノルが克服した距離を、モンドキャンノも上手く捌いてくれ

ることを期待しています。

 残るは1頭。
 ここからの取捨にいちばん悩みました。
 まずDM指数から、2、3、7、11、12、14、15、18を機械的に切る。
 15番レッドアンシェルは切るのに悩みましたが、4番人気まで上がってし

まったので、もし来ちゃったら仕方がない。
 武豊のG1全制覇という記録がかかる5番、つい応援したくなる地方馬

18番も、逃げ馬なので今回の予想に合わず、切りました。
 
 続いて悩んだのが2番人気ダンビュライト、3番人気クリアザトラックの

取捨。
 1番人気を選んだ時点で、彼らを切らないことには狙った配当がつかない

わけですが、自分なりの理由というのは必要です。

 ダンビュライトは、前走内によれる癖があったということで、チークピー

シズを着けてハミを替えての出走。
 決まればミスエルテを楽々とねじ伏せてしまえる豪脚の持ち主ではあると

思うのですが、鞍上ルメールのゴーサインを受けて真っ直ぐ走り出せるかど

うか。
 
「セールスポイントは、すごく正直です。正直すぎます」

 モンドキャンノがダンビュライトの鼻を明かすとすれば、鞍上と息の合っ

たコンビネーションで見せる絶妙の仕掛けが炸裂したときでしょう。

 クリアザトラックは、抽選突破を待ってまでデムーロが乗る期待の馬。
 しかし前走の10頭立て新馬戦の勝ちからいきなりの大舞台で、フルゲート

に対応できるかどうか。
 大舞台に強いデムーロの豪腕がどこまで馬に届くかどうか。
 もとより前残りの展開は期待していないので、3枠6番から先行するであ

ろうクリアザトラックも、残ってしまったらスッパリ諦めるほかありません

 過去5年、外国人騎手が4勝しているこのレース。
 ルメールデムーロは外せないと考える向きも多いことと思いますが、私

は敢えて、バルザローナ騎手が絶妙のコントロールでモンドキャンノを捌い

てくれることを期待しています。

 ……そして、残ったのが1番レヴァンテライオン、4番ボンセルヴィーソ

、17番サトノアレス。
 素直に外からの末脚を期待するなら▲サトノアレス……ましてやディープ

インパクト産駒だし……というところなのですが、三連複のオッズが50倍弱

ということと、中2週で輸送による影響も割り引いて考えて、ここは思いき

って買い目には入れず。

 残るは11番人気レヴァンテライオン、12番人気ボンセルヴィーソ。
 大穴を開けるとしたら、この2頭のうちのどちらかだと思います。

 前走ジューヌエコールに差のない2着と大健闘している△ボンセルヴィー

ソは、逃げるだけでなく自在性もあり、コースロスの少ない内枠から上手く

立ち回れる可能性は充分にあると思います。
 芸人ジャングルポケットの斉藤さんが複勝で勝負しそうな馬ですね。

 しかし私が選んだのは☆レヴァンテライオンです。
 前走こそモンドキャンノに0.9秒差の11着と沈んだものの、2走前モンドキ

ャンノに0.1秒差で勝っており、モンドキャンノの距離延長を信じるならば、

こちらの距離延長も信じないわけにはいきません。
 前走は、3ヶ月半の休み明け初戦で、東京遠征も響いたことと思います。
 叩き2走目で地元関西が舞台となれば、一発やってくれそうな気配がしま

す。
 1枠1番というのも好材料
 2走前の函館芝1,200m、先行して4コーナー3着から上がり35.5の末脚を

叩き出し、4コーナー4着から同35.4で追いすがったモンドキャンノを振り

切ったわけですから、前から行っても充分に切れる末脚を持っています。
 じつはタイムDM指数も72.1(当日深夜0時現在)、73.3(発走1時間前

現在)と、メンバー中4位から3位に上がる高期待値。

 不思議なことに、モンドキャンノ-ミスエルテから相手にする三連複のオ

ッズを見比べてみると、12番人気のボンセルヴィーソでは180倍前後、11番人

気のレヴァンテライオンでは240倍前後(発走1時間前現在)。
 人気下位のオッズを見比べてみると、しばしばこうしたオッズの歪みに出

くわすことがあります。

 なるべくなら、こういったところを積極的に狙っていきたいと思っていま

す。

 ということで、今回の印は以下のとおり。

◎ 10 モンドキャンノ
○ 13 ミスエルテ
▲ 17 サトノアレス
△ 4 ボンセルヴィーソ
☆ 1 レヴァンテライオン

 そして今週の買い目は……

1-10-13 三連複100円1点 配当243.1倍(発走1時間前現在)

 で勝負!

(100円にこだわらなければ、10-13-17を抑えてみたい気持ちはあります)
(モンドキャンノ、レヴァンテライオンの単複応援馬券も面白そう)