読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

有馬記念の枠順感想

【予想】三連複一本勝負

 枠順が発表されましたね。有馬記念

 マリアライトを応援している身からすれば、最悪のうえに最悪を塗り

重ねたような結果になりました。
 キタサンブラックがまたしても1枠1番、マリアライトが2年連続の

8枠16番。鞍上の蛯名騎手に至っては3年連続の8枠16番。
 北島三郎は裏金を渡して、1番のくじに油でも塗らせておいたんじ

ゃないかと、勘ぐってみたくもなります。

 とはいえ、恨み言を繰ったところで馬券が当たるわけでもなし。
 ここは開き直って、3年連続大外に慣れた鞍上が、他馬を気にせずぶ

ん回して差し切る可能性を考えていきたいと思います。

 出馬表をよくよく眺めてみると、キタサンブラックの1枠1番が絶好

の位置であることは間違いないのですが、じつは2~7番までが軒並み

逃げ・先行を打てる馬であることに気づきます。

 ここで、ジャパンカップの出馬表に立ち返ってみましょう。
 ジャパンカップでは、勝ったキタサンブラックよりハナを主張する馬

がいませんでした。
 しかし有馬記念では、います。

 4枠7番、マルターズアポジー
 前走でゼーヴィント、2走前にグランシルクを抑えて逃げ勝っている

戦績は充分に評価できます。
 2,500mは初挑戦なので馬券を買う可能性はほぼないものの、序盤でハ

イペースに持ち込んで掻き回してくれれば、ジャパンカップのように武

豊騎手がマイペースを決め込むこともできなくなる。

 マルターズアポジーよりさらに内に入った3枠5番サムソンズプライ

ドも、逃げを打つ可能性はあります。
「マルターズ(アポジー)が行くなら、いい流れになるのでは」とは、

田面木助手の弁。

(参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-01754383-

nksports-horse) 

 そしてキタサンブラックの隣、1枠2番には、ジャパンカップ4着の

苦杯を舐めた先行馬ゴールドアクター。この馬も、虎視眈々と漁夫の利を狙って

すぐ後ろにつけることになるでしょう。

 そうなると、長い2,500m、しかも小回りな中山の直線に向く時点で、

先行勢総崩れという青写真も描けるというものです。

 差しが決まるとすれば、まず名前が挙がるのはサトノダイヤモンド
 私も買い目の一角に選ぼうと考えている馬ですが、悩ましいところも

あります。
 もちろん、素晴らしい素質を持った若駒であることは論をまたないの

ですが、最強馬キタサンブラックとの一騎打ちを演出すべく、マスコミ

が意図的に煽ってる感じもするのです。
 こういう「作られた人気」は、馬券的には美味しくない。
 とはいえ55kgの斤量はやはり魅力。鞍上ルメール騎手も信用できます


 この馬の取捨については、引き続き検討していきたいと思います。

 キタサンブラックに最も迫った差し馬ならば、サウンズオブアース

 ジャパンカップで0.4秒差の2着、鞍上は大舞台に強いデムーロ騎手。

この2点だけ見れば、文句ありません。
 ただ、3枠6番と比較的内側に入ったことを、私はあまり好意的には

見ていません。
 ジャパンカップは6枠12番からでした。
 すぐ隣から逃げる7番マルターズアポジーに内に寄られる形になって

、5番サムソンズプライドにも挟まれるので、上手く先行馬のすぐ後ろ

につけることができるか。
 4コーナーから直線で、前が開いて抜け出せるか。
 馬群に沈んでしまうのではないか。
 いまだ重賞勝ちがない、勝負勘に欠ける馬だけに、不安は残ります。

 そこで、もう1頭、気になる馬が浮上してきます。
 再び、ジャパンカップの出馬表を振り返ってみましょう。
 後ろから決める馬で、ゴールドアクターより上の3着に食い込んだ馬

……。
 そう、シュヴァルグランです。
 上がり3ハロン33.4秒は、追込馬レインボーラインに次いでメンバー

中2位。
 じつは、出走1時間前のタイムDM数値では、キタサンブラック

65.4さえも上回る75.0の高期待値を叩き出していました。
 しかも、8枠17番だったジャパンカップに続いて、有馬記念は7枠14

番。他馬を気にせず外から行けるのはアドバンテージです。
 加えて、鞍上の福永騎手は骨折からの復帰戦。
 メディアのインタビューでは問題ないことをアピールしていますが、

差し引いて人気が下がるとなれば、馬券的にも旨みが出てきます。

 以上の理由から、現在のところ、私の印は以下のとおり。

◎ 14 シュヴァルグラン
○ 11 サトノダイヤモンド
▲ 2 ゴールドアクター
△ 13 デニムアンドルビー
☆ 16 マリアライト

 マリアライトデニムアンドルビーについては、次の機会に書きたい

と思います。
 マリアライトは、勝った宝塚記念でも8枠16番。
 ◎に推したい気持ちはあるものの、枠順が枠順なので、3着以内なら……と考えています。