読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

私の予想法(2)

 
 昨日のファルコンSの結果は以下のとおり。


【予想】

◎ 13 マイネルバールマン → 10着
○ 12 ナイトバナレット  → 11着
▲ 4 ジョーストリクトリ → 6着
☆ 1 ラニカイサンデー  → 9着


【当連載の収支】

+8,710円


 予想通り、最初の1,000mを57.9秒で飛ばすハイペースになってくれましたが、ナイトバナレットは出遅れがすべて。
 直線に向いたところで外に広がりすぎてゴチャゴチャした競馬になってしまい、まともに差し脚を使えたのは勝ったコウソクストレートだけ。
 2・3着に先行馬が残る結果となってしまいました。

 さて、今日のコラムは昨日の続き。
 私が予想において三大要素に次いで重要視しているのは、優先度順に、

【4】脚質と枠順の相関
【5】距離適性
【6】斤量
【7】上がり3ハロン

 です。


【4】脚質と枠順の相関

 脚質を予想したうえで、枠順の有利不利も考慮に入れます。
 私の場合は、内枠の先行馬を最も好む傾向にあります。
 外枠の先行馬はコースロスがありますが、前走で不利があったり、馬群に揉まれ弱かったりすると、むしろ外枠は歓迎です(特に短距離)。
 金鯱賞はまさに、前に行きそうな馬がロードヴァンドールと、前走で脚質転換したスズカデヴィアスだけだったので、外枠でも買えました。
 逆に、内枠の差し馬は包まれるのを嫌って買わないことが多いです。


【5】距離適性

 距離適性も重要な要素。
 走破タイムの横の比較をしながら並行してチェックしていますが、横の比較ができない馬も、当該距離の持ち時計を期待値として比べます。
 もちろん、週末の天気予報を参照しながら、なるべく同じ馬場状態でのタイムを比較しています。
 この作業で、併せて道悪適性の有無も自ずと考慮に入ってきたりします。


【6】斤量

 斤量はあまり関係ないという説もありますが、私の場合は1kg=1馬身と概算して増減を比較し、優劣をつけてきた馬の逆転の可能性を探します。


【7】上がり3ハロン

 以前は上がり最速というだけで高評価につなげていましたが、最近あまり重要視しなくなったのが上がり3ハロンです。
 現在では、決め手勝負となりそうな場合のみ比較材料としています。
 基本的には、先行馬有利というのが私のスタンス。
 上がり最速や33秒台は魅力的ですが、パッと見でわかりやすい指標のため、過剰人気にもなりかねないのが優先順位を落とした一因でもあります。
 

 当ブログは、予想の更新と同時にメルマガ(無料)でも配信しています。

www.mag2.com