読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年プラス収支!】 三連複100円一本勝負

【12月24日 阪神カップ的中!】2016年は40,000円以上のプラス収支。ご意見・お問い合わせはこちらまで → sanrenpuku100yen@gmail.com

競馬小説の最前線は、間違いなくこの人

【書評】おすすめの本

 読書好きの人以外にとっては、
「なんじゃそりゃ」
 というニュースかもしれませんが、2月1日、講談社より、第38回吉川英治文学新人賞候補作が発表されました。

 

 その中で、ぜひ競馬ファンの人たちにも読んでいただきたい作家がいます。

『ミッドナイト・ジャーナル』でノミネートされた本城雅人氏です。

 

ミッドナイト・ジャーナル

ミッドナイト・ジャーナル

 

 

 世紀の大誤報を打って離散した記者たちが、それでも真実を求めて奮闘する社会派エンタメ。
 ちょっといつもより仕事を頑張ってみたくなる、不思議な活力に満ちた作品です。


 元サンケイスポーツの記者として競馬も取材していたというだけあって、彼は優れた競馬小説をいくつか書いています。

『偽りのウイナーズサークル』(徳間文庫)は馬の誘拐未遂事件と、騎手の変死事件が複雑に絡み合ったミステリー。

 

偽りのウイナーズサークル (徳間文庫)

偽りのウイナーズサークル (徳間文庫)

 

 

 意外や意外、大胆なトリックで驚かせてくれます。
 あのトリックの大胆さは、岡嶋二人氏以来かもしれません。
 読後にカバーの写真を見返してみると、その含意にも気づけるかもしれません。


 そして私が最近読んだのは『サイレントステップ』(新潮社)です。

 

サイレントステップ

サイレントステップ

 

 

週刊Gallop」に連載されていた作品のようですので、そこで読んでいた方もいらっしゃるかもしれません。
 武豊騎手も帯にコメントを寄せているこの一冊、ラストはグッと涙がこみ上げてくる感動作でした。
 レース中の落馬事故で騎手の父を失った息子は、その死の真相を探るべく騎手となる。
 しかし物語は予想もつかぬ方向に展開していきます。
 厳しい勝負の世界、取材者の苦労、そして名門厩舎のセカンドジョッキーであり続けた父の真情……。
 いやはや、個人的には『ミッドナイト・ジャーナル』よりも楽しめた名作でした。